TOKYO1351 LIVE & TALK vol.6

【TOKYO1351 LIVE&TALK vol.6 開催決定!!】
2019年第一弾となる今回は、サニーデイ・サービスの曽我部恵一さんをお迎えします!繊細な音楽で心に鮮烈なインパクトを残すミュージシャンと司法、表現の専門家が、日本の社会、司法、死刑制度について言葉と音楽で対話します。曽我部恵一さんとTOKYO1351との出逢いの場に、ぜひご参加ください!

<出演>
曽我部恵一(サニーデイ・サービス)
安田好弘(弁護士)
森達也(映画監督)
MC:ジョー横溝(ライター、ラジオDJ)

<時間>
開場17:00/開始18:00

<チケット>
前売り:2000円 当日:2500円 *別途1ドリンク代

<予約方法>
予約受付開始:2018年1月5日 16:00~
*風知空知メール予約のみ(先着整理番号順)
メール予約先:yoyaku@fu‒chi‒ku‒chi.jp
*公演名[TOKYO1351 LIVE & TALK vol.6]、お名前、枚数、ご連絡先電話番号をご明記の上、お申し込み下さい。



<主催>
TOKYO1351

冤罪で16年間囚われていた台湾の元死刑囚×獄中の彼を撮ったトシ・カザマ「日本とアジアの死刑を語る」

2018年11月1日開催

speaker:徐自強 (元死刑囚)トシ・カザマ (写真家)黃暐庭  (民間司法改革基金会 台湾台中主任)小川原 優之  (弁護士)、ダースレイダー(ラッパー)
MC:ジョー横溝 (ライター、ラジオDJ) 

============
殺害及び誘拐の疑いで16年間を1.3坪の死刑囚房で過ごし、昨年冤罪を晴らした台湾の元死刑囚・徐自強氏。

世界的なフォトグラファーで、アメリカ、アジア諸国の死刑囚や、刑場を撮影し、死刑の実情を伝えてきたトシ・カザマ氏。

このお二人と日台の専門家をお招きし、日本の死刑と冤罪を巡る司法の現状と、他のアジア諸国の死刑を巡る情勢を語って頂きます。

【日時】
2018年11月1日(木)
開場 17:30
開始 18:00
終了 20:00(予定)

【場所】
参議院議員会館  B107会議室(B1F)
千代田区永田町2-1-1

【参加費】
 無料

【ニコ生無料配信あり!】
当日は、ニコニコ生放送・深掘TVチャンネルから配信いたします。
アクセスはこちらから。
http://live.nicovideo.jp/gate/lv316506679
*今回は全編無料で視聴可能です。